仙人の百科事典

耳あか・耳垢(みみあか・じこう)・耳糞(みみくそ)

耳あか(耳垢・耳糞)の概要

外耳道(がいじどう)にある耳垢腺(じどうせん)から出る分泌物に皮膚の老廃物や空気中のほこりなどが混ざったもの。乾いたものと湿ったものとがあり、遺伝で決まる。

耳掃除

耳あかは外耳道の皮膚の新陳代謝により自然に耳の外に出るようになっており、通常、取り除く必要はない。外耳道の皮膚は弱く、耳かきなどで無理に引っ掻くと炎症を起こして、医師の治療を受けなくてはいけなくなるので、耳の掃除をする場合は、あまり強く引っ掻かないようにするにすることが肝心である。

前述のように耳あかは自然に外に出るため、通常の耳掃除は、風呂上がりに、耳の穴の外にある入り口部分を拭くだけでよい。安全に耳あかを除去したい場合は、耳鼻科の医師に頼む。耳あかの除去は、健康保険の適用対象となっている。

耳がかゆくなった場合(外耳道炎)

耳掃除によるもの

耳の中がかゆくなった時は、耳の掃除を毎日行ったことにより、外耳道が炎症を起こした場合が多い。そのような場合は、耳の掃除をしばらくの期間やめるようにする。そうすれば、数日でかゆみが弱くなっていく。外耳道炎にならないようにするには、耳の掃除は、せいぜい週に一回以下にする必要がある。

アレルギー性皮膚炎によるもの

アレルギー性の皮膚炎になりやすい人の場合、アレルギー性皮膚炎が外耳道に発生して、かゆい場合もある。

外耳道真菌症によるもの

外耳道に真菌が繁殖して、かゆくなっている場合もある。治療には、クロトリマゾール(Clotrimazole/製品名「エンペシドクリーム」)などの抗真菌薬の塗布を行う。

薬物の長期使用

いつも同じ強い副腎皮質ホルモン入りの軟膏を長期に渡って使用すると、外耳道がかゆくなることがある。また、皮膚が弱くなり、外耳道真菌症を起こし、それによりかゆくなることもある。

糖尿病によるもの

糖尿病にかかっている場合、傷が治りにくく、外耳道に傷ができた場合、かゆくなりやすい。

耳垢塞線(じこうそくせん)によるもの

耳あかがたまって、外耳道がふさがれてしまった場合にかゆくなることがある。これは耳垢塞線(じこうそくせん)という。耳垢塞線になると、音がよく聞こえず、外耳道がかゆかったり、痛かったりする。日本人は、耳の掃除が好きなので、耳垢塞線はあまり見られない。


2009年5月22日 初稿
2010年5月16日 増補